« 2021年12月 | メイン | 2022年2月 »

2022年1月26日 (水)

千葉県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内15例目)について

〇令和4年1月26日 千葉県匝瑳市(そうさし)のあひる農場において、家畜伝染病である
 高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認(今シーズン国内15例目)されました。

・農場所在地: 千葉県 匝瑳市(そうさし)
・飼養状況:  あひる(約1,700羽)
・疫学関連農場:千葉県匝瑳市(1農場、約1,200羽)、
        茨城県かすみがうら市(1農場、約1,100羽)、
        埼玉県春日部市(1農場、約1,400羽)、同熊谷市(1農場、約400羽)

 ※詳しくは農林水産省HPの 報道発表 及び千葉県HPの 発表 をご覧ください。

2022年1月20日 (木)

第2業務対象年間の牛マルキンの参加申込の受付について

 この度、肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)において、令和4年4月1日から第2業務対象年間(令和4年度から6年度)が始まることに伴い、牛マルキンへの参加を希望される方の参加申込の受付が開始されました。

 現行の第1業務対象年間から継続して積立金管理者方式(負担金の納付先が都道府県団体になっているもの)での参加を希望される方に対しては、既に書類を配布させていただき、令和4年1月末までの提出をお願いしているところです。

 初めて参加を希望される方は、独立行政法人農畜産業振興機構のサイトに開設された特設ページより制度の概要及び要綱をご一読の上、問い合わせ先までご連絡いただきますようお願いします。(機構又は積立金管理者から要件審査に係る様式を送付します。)

牛マルキン参加募集特設ページ

千葉県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内14例目)について

〇令和4年1月19日 千葉県八街市の肉用鶏農場において、家畜伝染病である
 高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認(今シーズン国内14例目)されました。

・農場所在地: 千葉県 八街市
・飼養状況:  肉用鶏(約6.6万羽)

 ※詳しくは農林水産省HPの 報道発表 及び千葉県HPの 発表 をご覧ください。

2022年1月13日 (木)

鹿児島県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内13例目)について

〇令和4年1月13日 鹿児島県長島町の肉用鶏農場において、家畜伝染病である
 高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認(今シーズン国内13例目)されました。

・農場所在地: 鹿児島県 長島町
・飼養状況:  肉用鶏(約5.4万羽)
・疫学関連農場:鹿児島県長島町(1農場、約5.7万羽)

 ※詳しくは農林水産省HPの 報道発表 及び鹿児島県HPの 発表 をご覧ください。

2022年1月 5日 (水)

愛媛県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内11及び12例目)について

〇令和4年1月4日 愛媛県西条市の採卵鶏農場において、家畜伝染病である
 高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認(今シーズン国内11及び12例目)されました。

<11例目>
・農場所在地: 愛媛県西条市
・飼養状況:  採卵鶏(約8.3万羽)

<12例目>
・農場所在地: 愛媛県西条市
・飼養状況:  採卵鶏(約14.2万羽)
・疫学関連農場:愛媛県今治市(1農場、約6000羽)

 ※詳しくは農林水産省HPの 報道発表 及び愛媛県HPの 発表 をご覧ください。

畜産トピックス
  ・アーカイブ
消費者の皆様へ
  ・イベントカレンダー
生産者の皆様へ
  ・畜産クラスター事業(機械導入)
  ・肉用牛農家の皆様へ
  ・酪農家の皆様へ
  ・養豚・養鶏農家の皆様へ
  ・口蹄疫・豚熱等について
  ・鳥インフルエンザについて
  ・関係者の皆様へ(指導者向け)
市場及び市況
  ・広島県家畜市場開催日程
  ・精液・液体窒素配布日程
関連団体リンク集
  ・広島県養豚協会
  ・広島県馬事振興協議会
  ・広島県堆肥センター協議会
畜産協会の概要
  ・事業概要(PDF版)
  ・採用情報(準備中)

〒731-0124
広島県広島市安佐南区大町東2-14-12
経営指導部
基金事業部
衛生指導部
      
 各部共有
 衛生専用

  衛生指導部 三次分室
  〒728-0023
  広島県三次市東酒屋町306-65
 (広酪内)