« 広島和牛シンポジウム2022が開催されます | メイン | 青森県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内9例目)について »

2021年12月13日 (月)

広島県における高病原性鳥インフルエンザの殺処分の完了等について

〇令和3年12月9日 広島県福山市で12月7日に発生した高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜
 から検出されたウイルスについて,高病原性でH5N1亜型であることが確認され、
 12月8日 20時00分に発生農場の30,569羽の殺処分が完了したとのことです。

〇令和3年12月12日 14時00分 防疫措置完了(処分鶏,汚染物品の埋却,農場の消毒)

 ※詳しくは農林水産省HPの 報道発表 及び広島県HPの 発表 をご覧ください。

畜産トピックス
  ・過去のトピックス(~令和2年度)
消費者の皆様へ
  ・イベントカレンダー
生産者の皆様へ
  ・畜産クラスター事業(機械導入)
  ・肉用牛農家の皆様へ
  ・酪農家の皆様へ
  ・養豚・養鶏農家の皆様へ
  ・口蹄疫・CSF等に関する情報
  ・鳥インフルエンザに関する情報
  ・あいであ&アイデア
市場及び市況
  ・広島県家畜市場開催日程
  ・精液・液体窒素配布日程
関連団体リンク集
  ・広島県養豚協会
  ・県堆肥センター協議会(会員情報)
協会の概要

〒731-0124
広島県広島市安佐南区大町東2-14-12
経営指導部
基金事業部
衛生指導部
     
 各部共有
 衛生専用

  衛生指導部 三次分室
  〒728-0023
  広島県三次市東酒屋町306-65
 (広酪内)